ダム酒登場

こんにちは。
近頃は秋の月にうっとりと見とれ、虫の音を聞きながら秋の夜の風情を楽しんでおります。

さて、本日は小鼓の新しい挑戦から生まれた熟成酒の登場をお知らせします。
名前は、『壺中夢源(こちゅむげん)』。

今年の3月に地元丹波市にある三宝ダムに蔵入れした様子をこちらのブログでもご紹介しましたが、
そのお酒を10月1日「日本酒の日」に蔵出しました。

1年を通してお酒をつくる四季醸造(フレッシュローテーション)の西山酒造場にとって、
貯蔵は新たな挑戦です。
ダム内は温度が通年15度と一定しており、酒の熟成に最適です。
また、同水系の水を使用する三酒造、西山酒造場・山名酒造・鴨庄酒造と兵庫県丹波市県民局が連携し、酒米『Hyogo Sake 85』などを原料とした日本酒などを三宝ダム管理トンネル内で静かに貯蔵・熟成させました。

発売開始は、10月9日土曜日です。
発売日には、三蔵合同の直売会を開催いたします。
日時:10月9日土曜日 9:00~15:00
場所:道の駅「おばあちゃんの里」(春日ICを降りてすぐ)

また、酒販店では
【丹波市】
加納屋
ひかみや
【丹波篠山市】
葡萄屋晴治郎
【綾部市】
佐々木酒店
にて販売予定です。

蔵元直売所、オンラインストアでの販売はありません。

是非この機会に、
小鼓の新たな挑戦、熟成酒『壺中夢源』をお愉しみください。