丹波新聞掲載「丹波ゆかりの日本画家 小川芋銭展」

こんにちは。西山酒造場の植村です。

 

昨日の丹波新聞に、9/19(土)から丹波市立植野記念美術館で始まる

「丹波と芋銭」展の記事が掲載されました。

 

20150914194707-0001

 

小川芋銭は河童の絵で有名な日本画家で、茨城県に住んでおりましたが

弊社の3代目蔵主で俳人でもある西山泊雲と出会ったことで

たびたび丹波へ訪れる様になりました。

 

なかでも大正15年に丹波を訪れた際には、泊雲宅近くの石像寺に長らく滞在し

丹波の人々と交流しながら、絵画の制作に励みました。

こうした交流の中で二人の絆は深まり、

芋銭の次女と泊雲の長男、芋銭の三男と泊雲の長女が結婚するという

二重の婚姻関係が結ばれるほどでした。

 

今回の「丹波と芋銭」展では、芋銭と丹波のかかわりを紹介するとともに

芋銭の絵や書、書簡など約60点が展示されます。

 

また、9月19日に行われる開幕記念テープカットには

芋銭と泊雲の孫である弊社の会長・西山裕三も参加します。

20150914194713-0001

シルバーウィークにはぜひ「丹波と芋銭」展を観に、

丹波市立植野記念美術館へお越しくださいませ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>