芋の茎(ずいき)の酢の物

総務部員Iです。
旬どきの更新が遅れました。楽しみにされていた方、申し訳ございません。
えーーっと今回ですが、特別丹波色というわけでもありませんが、田舎料理をご紹介します。
[ずいき]です。
[ずいき]とは芋の茎のことで、[芋がら]と呼ばれている地域もあります。
秋の丹波ではよく?食卓に並ぶ食材で、この酢の物はあっさりしています。
さてさて作り方ですが、
?皮をむいて1口大に切る。
?2分ほど湯がいて、絞る。
?酢と砂糖とみりんを少々加え、すりごまを混ぜる。
これだけです。
さて日本酒との相性ですが、意外と合います。
たぶん世界のアルコールの中で、酢の物と合うアルコールというのは、日本酒しか無い様に思います。
そう考えると、日本酒の奥深さに感嘆しますね。
2006_0923旬0026.JPG
☆☆☆旬どき・うまいもの自慢会:日本の蔵元が推薦する地元の自慢の食☆☆☆