小鼓と高浜虚子

総務部員Iです。
今回は、小鼓と高浜虚子先生との関係をお話したいと思います。
今の社長で弊蔵は“5代目”なのですが、その先々代の“3代目”に西山泊雲がおりました。
この泊雲は、俳句に傾倒しており、非常に虚子先生とも親交が深かったのです。
以下泊雲の下りです。
***********************************************
西山泊雲は(本名:亮三)は、明治10年4月3日 丹波市(旧・氷上郡)市島町の西山酒造場の長男として生まれました。
俳句に傾倒するに至ったのは、泊雲弟でホトトギスの俳人でもあった野村泊月の影響でした。
明治36年に泊月の紹介で高浜虚子に会い、俳句に没頭し、遂には弟の泊月と並び「丹波二泊」と称されるまでになりました。
家業の酒蔵は、大正4年に、虚子が 「ここに美酒あり 名づけて小鼓といふ」 と銘々して、平福百穂の揮毛レッテルでホトトギスの発行所を通じて全国に売り出し、以来文人・歌人に親しまれるようになりました。
その後も泊雲は虚子に指導を仰ぎ、家業を疎かにすることなく俳句の道に没頭し 昭和19年9月15日68歳で亡くなりました。
***********************************************
上記にあるように『小鼓』は、高浜虚子先生が名づけられました。
写真は、虚子先生の直筆です。
残念ながら詠んだ俳句の直筆はありません。これがあればなぁ・・・
虚子筆「小鼓」.jpg