「のみきり」

空が非常に高く感じれる初秋の天候の元、今年の「のみきり」が行われました。
「のみきり」とは貯蔵タンクの下に穴が、上下2個設けられています。これを「呑穴(のみあな)」といい、これを閉じる栓を「呑(のみ)」または「呑口(のみくち)」といいます。器具を呑口に取り付け酒を採りますが、この操作を「呑切り(のみきり)」とよびます。
CIMG0393.JPG
呑切りをしてお酒を少量取りだし、香りの変化や熟成の程度、火落ち菌と呼ばれる菌の有無などを調べ、お酒が健全に貯蔵されているかを確認します。
お酒を貯蔵管理するうえで、呑切りは欠かせない作業であり、蔵人にとって緊張する作業でもあります。
その緊張の行事があったのです。
CIMG0404.JPG
先生方の結果はまずまずで、いい評価をいただきました。
大吟醸などは本当に素晴らしいという言葉をいただきました。
また「但馬強力」を使ったお酒も好評で、年数を経ても味は熟成へとゆるやかにすすみ楽しみな酒だそうです。
この緊張の後は先生方を囲んで食事会。
蔵の人たちはそこでも熱心に先生方のお話しを聞いていました。
CIMG0413.JPG