月別アーカイブ: 2007年9月

「やまとの湯」での試飲販売会

総務部員Iです。
毎度のことながら事前告知ができていなくて申し訳ありません(猛反省)。
この9月の2週連続の3連休に「やまとの湯」なるスーパー銭湯で
この夏に人気爆発した、梅シャンパン「泡梅」の試飲販売会を行いました。
何故に「やまとの湯」であったかと言いますと、
風呂上がりに「クイっと」ビールではありませんが、
発泡性の梅酒ですので、のど越しの爽快感を感じていただこうとの趣旨でした。
温泉に梅酒!!?
でしたが、計6日間で多くの方に飲んでいただき、又購入もいただけました。
ありがとうございました。
9/15?9/17 京都の壬生店
9/22?9/24 神奈川の相模原店
DSCF1898.JPG
(営業のAさんです)

呑み切り

総務部員Iです。
今日は、先日行われた「呑み切り」のお話をちょことだけ。
呑み切りというのは、飲み口を切るという意味でして、
当年(昨季)のお酒の出来を見ることを言います。
今年は9月初めに弊蔵では行いました。
夏の間熟成させたお酒がどのように変化して、
どのようにまろやかになっているか・・・
想像するだけでも楽しい瞬間です。
っで、弊蔵では、この呑み切りに鑑定官室のお偉い先生方もお招きまして、
蔵元と蔵人全員でお酒を利き、そしてその感想をいただき、意見交換を行い、
改善点は次の造りに生かしております。
現在予約受注しております「秋乃ひやおろし」をはじめ、昨季造ったほぼ全部を
利き酒して、熟成度を確かめましたが、先生をはじめ非常に好評でした。
特にもう発売終了してしまう「金賞受賞酒」と「秋乃ひやおろし」は絶賛でした。
もちろん問題点が無いわけではなく、貯蔵管理や製品一つ一つの特色について
改善点を話し合いました。
来季もきっと良いお酒ができると思います。
私は、本来は参加しない場なのですが、現場の雰囲気を感じ取るため、
今年は参加致しました。
来年も参加して、実況したいと思います。
p.s.
30以上のお酒を利くと、ヒュィーヒュィー言うくらい、結構きついです。
口に含んだ後、吐き出すのですが、それでもアルコールは残ります。
又、あまりに美味しいから ゴックン しちゃうんですよね・・・
2007_0317栗ローソン0002.JPG   2007_0317栗ローソン0005.JPG
2007_0317栗ローソン0006.JPG   2007_0317栗ローソン0007.JPG

備えあっても憂えるますが、それでも備えて蔵入り準備を進めます。

総務部員Iです。
日差しは秋を感じますが、まだ少し暑い日が続いてますね。
関東地方には台風が押し寄せたみたいで、被害にあわれた方の心中をお察しいたします。
弊蔵も3年前に台風の水害を受けまして、事務所と倉庫の一部が床上浸水しましたが、
ホントあの泥と乾いた後の砂をかき出す作業は、並大抵のものではありません。
今でも台風が近づくとなると、ビクっ としてしまいます。
最近の傾向を見るに、台風が上陸して勢力を保ったままっというのは
特別なことではなくなりつつあるように感じます。
備えは万全にして、秋の蔵入りを迎えたいと思います。