月別アーカイブ: 2006年11月

丹波地鶏のダシスープで煮込むおでん

さてさて今回の旬どき・うまいものですが、寒くなってきたので秘伝の料理?を紹介します。
ま、要するにおでんなのですが、丹波地鶏をダシに使うところがミソです。
おでん.jpg
んで、以下材料と造り方です。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
まずは、鶏がらスープの作り方
材料(1.5L)
鶏がら       2羽
生姜        1片
白ねぎ青い所   適量
出し昆布      1片
<作り方>
1.鶏がらは内臓の血合い部分をフォーク等で取りのぞき、全体に熱湯をかけておく。
2.生姜は薄切りにし、大き目の鍋に1)と生姜、葱、出し昆布を入れ、たっぷりの水を入れ強火にかける。
3.沸騰してきたら、葱のみ取り、微笑むように(コトコト)火を調節し、アクと浮いてきた油を取り除く。
4.1時間?2時間位煮て、出来上がりの分量くらいになったら、がらを鍋より取り出し、残りを布漉しする。
*アクと油は綺麗に取り除くこと、葱を途中で取らないとスープが濁ります
ほいでいよいよおでんの作り方
<材料(4人分)>
大根      100g  1.5mm厚    面取りして米のとぎ汁でゆがく
じゃが芋    100g            固ゆでする
牛筋肉     200g            ローリエ<しょうがの皮入れて茹でる。
こんにゃく   3/4             両面格子切込して塩もみ→水洗い
ごぼう天    4本             半分に切る
ちくわ      4本             半分に切る
たこ足4本
角あげ餅    4ケ             油揚げに餅いれる
わかめ     100g            もどして結ぶ
ゆで卵4ケ
上記の鶏がらスープ        1.5L             
みりん     150cc
薄口      75cc
濃口      75cc
練辛子    お好みで
洗い葱    お好みで
七味      お好みで
<作り方>
1, みりんを沸騰させてアルコールを抜く
2, 鶏がらスープに、薄口濃口醤油を入れる。
3, じゃがいも、大根、筋肉、たこ、ゆで卵を入れ沸騰したらアクをとる。
4, ちくわ、ごぼう天、角あげ餅を入れ沸騰させてすぐ火を止める。
5, わかめ入れ少し炊いて止める。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
はい、めちゃ簡単です。
これから冬本番を迎えます。
是非是非一度お試しあれ。
☆☆☆旬どき・うまいもの自慢会:日本の蔵元が推薦する地元の自慢の食☆☆☆

紅葉って???

総務部員Iです。
最近めっきり日が落ちるのが早いですね。
都会に住んでいるときにはほとんど感じることも無かったのですが、山間に住むとめためた感じます。
ちなみに今は夕方の5時半だと真っ暗です。
さてさて丹波の秋の紅葉なのですが、???
・・・えっ・・・
青々と葉がしております。
通常、11月も半ばになると紅葉がきれいに見え出すのですが、その兆しすら見えず・・・
どうなってるんでしょう?
確かに京都も紅葉しておらず、亀岡から嵐山まで船で下る、【保津川下り】も全然紅葉が見えんで困ってるような話は聞きました。
っにしてもちと遅すぎる気がしますね。
今年は秋が無く、いきなり冬が来るようなことを天気予報で言ってましたし、確かに先週末は一気に冬を感じましたが、見るだけで気持ちが良い紅葉は見たいーーー!

芋の茎(ずいき)の酢の物

総務部員Iです。
旬どきの更新が遅れました。楽しみにされていた方、申し訳ございません。
えーーっと今回ですが、特別丹波色というわけでもありませんが、田舎料理をご紹介します。
[ずいき]です。
[ずいき]とは芋の茎のことで、[芋がら]と呼ばれている地域もあります。
秋の丹波ではよく?食卓に並ぶ食材で、この酢の物はあっさりしています。
さてさて作り方ですが、
?皮をむいて1口大に切る。
?2分ほど湯がいて、絞る。
?酢と砂糖とみりんを少々加え、すりごまを混ぜる。
これだけです。
さて日本酒との相性ですが、意外と合います。
たぶん世界のアルコールの中で、酢の物と合うアルコールというのは、日本酒しか無い様に思います。
そう考えると、日本酒の奥深さに感嘆しますね。
2006_0923旬0026.JPG
☆☆☆旬どき・うまいもの自慢会:日本の蔵元が推薦する地元の自慢の食☆☆☆