カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

170250742_914471619367577_7622456534905102068_n

祝!全国新酒鑑評会で金賞を受賞!!しかも但馬強力(たじまごうりき)で!!!

総務部員Iです。
とっても嬉しい報告があります。
本日、平成19年(平成18酒造年度)の全国新酒鑑評会の発表がありまして、なんと2年連続で ”金賞” を受賞いたしました。
今冬は、八島杜氏の体制で迎える4造り目となりました。若干35歳の杜氏だけでなく、全体的に若い蔵人の集団で3造り目に “金賞受賞” という快挙を成し遂げた次の年だけに、周りの期待は大きくなる反面、プレッシャーもあり、又、「まぐれ」と揶揄されないようにと、非常に気合の入った酒造りでした。
しかもしかもです・・・
今年はもう一つの意味で、酒蔵として感慨深い受賞だったのです。
この「全国新酒鑑評会」というのは、どの酒蔵も最高のモノを選りすぐってします。
当然、そうなると「大吟醸」を出品します。
そして、一番金賞をとりやすい、香りが出やすい酒米「山田錦」で多くの酒蔵が造ります。
小鼓ももちろん「山田錦」の大吟醸を造っておりますし、昨年度はそれで”金賞”を受賞しました。
っが、です。
前にもこのブログに書きましたが、「山田錦」という酒米は確かに素晴らしい米ではありますが、どうしても味が似通ってしまいます。同じ酒米だけに酒蔵の特色が出にくいのです。
又、「山田錦」は兵庫県が一番の産地でして、
(よく新潟と誤解されますが、食べる米と酒米とは違います。山田錦の特Aは兵庫県のみです。)
近畿圏の酒蔵は、ほとんど大吟醸は「山田錦」なのです。
そこでです。
丹波に根ざした、スローフードにこだわっている、『小鼓』です。
そして、コレマタ何度も何度もブログでも紹介している地元市島町の復活米「但馬強力(たじまごうりき)」、で造った大吟醸を造ってみたい!そして世に出るとどういう評価になるだろう・・・
色々な思いから、蔵元と杜氏・蔵人が
「よし!今冬は但馬強力で醸した大吟醸で全国新酒鑑評会で勝負しよう!」
という事になり、ついに出展するに至ったのです。
そして、なんと初年度の造りから “ 金賞 ”を受賞しました。
本当に嬉しい、そして快挙なのです。
若い蔵人が結集・結束した団結力の成果であると、自信を持って言える受賞でした。
つくづく「モノづくり」は一人では成しえることができないことを感じる次第でもありました。
ちょっと、とりとめの無い文章となってしまいました・・・
今日は、蔵元・杜氏・蔵人だけでなく社員一同喜びに浸りました。
まだこのお酒が販売されるかどうかも正式には決まっておりません。
っが、近い将来必ず出ますので、しばらくお待ち下さい。
↓は、この全国新酒鑑評会の詳細です。
http://www.nrib.go.jp/kan/h18by/h18bymoku_top.htm
ここの大阪国税局の受賞蔵を見ていただいたらわかりますが、「山田錦」以外で受賞したのは(区分1が「山田錦」以外)、小鼓だけです。
先ほども申し上げたとおり、兵庫県が「山田錦」の産地なので、どの蔵も近畿は「山田錦」を使うのですが、そこをあえて使わず、本当の地米で勝負し、挑戦し、成し得ました。
手前味噌な話ばかりではありましたが、今日だけはお許し下さい。
今から美酒に酔いしれたいと思います。

170250742_914471619367577_7622456534905102068_n

再開!!!

総務部員Iです。
ほぼ3ヶ月更新を怠っておりました。申し訳ございません。
PC環境の不調とその後の私事等々で延々と更新してない状況でございました。
今後は、必ず随時UPしていきます!!(断言)
実は、この3ヶ月の間も、たくさんたくさんお伝えしたいことや、お伝えしなければいけないことがありました。
そうしたことが発信できなかったのが本当に本当に残念で仕方ありません。
多くの方からお叱りのメールもいただいておりました。
本当にごめんなさい。
それで、今日以後発信をしていくと同時に、今までのことでお伝えしたかったこともUPしていきます。
よろしくお願いします。
早速ですが、鼓屋.comのページをご覧下さい。
その名も 『 極朗讃 』 というお酒を出します。
再度詳しくお伝えしますが、取り急ぎ見ていただければと。

170250742_914471619367577_7622456534905102068_n

蔵元直売 【 立春 今朝搾り 】 について

総務部員Iです。
先日予告しておりましたとおり、【 立春 今朝搾り 】の詳細が決まりました。発表します。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【立春 今朝搾り】は、地元市島町 竹田小学校の5年生32名と一緒に幻の酒米「但馬強力」の米作りを行い、そのお米で今冬造ったお酒です。
今回で3回目となる取り組みで、田植え→稲刈り→酒造りの工程見学と、一年を通じたモノ造りの大切さ・大変さを体験してもらっています。
この「今朝搾り」を、立春に合わせた2月3日(土)と4日(日)午前10時?午後4時に、蔵元限定の直売会にて販売いたします。
当日は、「立春 今朝搾り」の試飲会や小鼓の酒粕「純米御神酒板」の販売、小鼓特製の“麹”のみから作る砂糖無添加&ノンアルコールの「甘酒」の振る舞いやご来場記念の景品プレゼントなど催し物も沢山ご用意しております。
又、先だって国の登録有形文化財に指定された西山酒造場の主屋を含む建築群3点も公開いたします。
<商品概要>
■ 発売日:2006年2月3日(土)・4日(日)
■ 商品名:「立春 今朝搾り 小鼓」
■ 価 格:2,800円(1.8?)、1,500円(720ml)<税込み>
■ 仕 様:当蔵のみでの限定販売
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
上記が概要になります。
春から小学生と一緒に酒米作りを行い、それを収穫して、お酒を仕込んで、ようやく揚がってくるお酒、それが【今朝搾り】なのです。
この但馬強力という酒米のお酒は、非常に味わいがあり、辛口とか甘口とかいう言葉では表現しにくい「旨口」の酒です。
その両日は社員総出でお客様を迎えます。
そして、蔵の中で搾ったとことこのお酒を振舞います。
ほんと去年もたくさんの人に来ていただきました。
基本的には地元の方々への還元をこめたお酒ですので、地元のみでしか告知はしていなかったのですが、
「せっかくのこんな美味しいお酒を飲める機会は逃したくないので、来年するときには是非教えてくれー」
というお声が数多くあり、年明けから問合せも多々あったので、このブログにて発表致しました。
お酒の性質上、又、地元の方々へのお酒なので、残念ながら発送等は承れませんが、蔵まで来ていただいた方には、もちろん販売しております。
日も差し迫っておりますが、ご予定が合う方は、是非来ていただければと思います。
両日とも、
・麹から造る、砂糖無添加&ノンアルコールの甘酒。
・純米 御神酒板を焼いて試食。
・登録有形文化財の見学。
といった事もやっております
今朝搾り-表.jpg
今朝搾り-裏.jpg

170250742_914471619367577_7622456534905102068_n

蔵元直売のニュース!!

総務部員Iです。
ここで緊急ニュースがあります。
来る2/3(土)、2/4(日)に弊蔵にて直売会を実施いたします。
その名も
【 立春 今朝搾り 】
どんなお酒なのか?
どういった催しをするのか?
という詳細は、週明けにお知らせいたします。
お酒については、“この時だけ”の搾りたてのお酒のみを販売する予定です。
詳細が決定する、週明けまでお待ち下さい。

170250742_914471619367577_7622456534905102068_n

年末の試飲会

冬の百貨店での試飲会の日程をお知らせいたします。
11/29 ? 12/5  高島屋大阪店
12/ 6 ? 12/12 大丸神戸店、高島屋京都店
12/12 ? 12/18 そごう神戸店
12/20 ? 12/26 阪急梅田店
12/20 ? 12/31 阪急川西店
12/26 ? 12/28 そごう西神店
この試飲会でしか買えない特別モノもご用意しております。
もし機会があれば、小鼓の人間がおりますので、気軽にお声掛け下さい。

kurotamba01

『GOLDEN MIN.』っというフリーペーパー

総務部員Iです。
さてさて今回ですが、最近、弊蔵の「黒豆焼酎 黒丹波」が雑誌や新聞でよく取り上げられていまして、その中で、「おっこれって、結構な反響があるやん。」という媒体をご紹介いたします。
20061030150642096_0001.jpg
この西田敏行さん(大河ドラマの家康役って、はまり役ですよね)が表紙を飾る雑誌は、『GOLDEN MIN.(ゴールデンミニッツ)』といいます。
関東在住の方ならおそらくほとんどの方が知ってると思いますが、一応関西人には全くわからない雑誌です。
雑誌といっても、本屋で売っているのではなくて、フリーペーパーです。
フリーペーパー自体は、関西でもありまして、飲食情報や地域情報が主体のホットペッパーなんかはよく目にするところですが、この「ゴールデン」はすんごいです。
何がすごいって、情報の質が格段に違います。
いわゆる「お得なクーポン」「割引情報」といったものは、全66ページの1ページしかありません。他はぜーんぶ記事です。
例えば、表紙の西田敏行さんのページは全部で6ページもあります。
こんなん、フリーペーパーで出しても大丈夫なん?というくらいです。
もちろん詳しくはわかりませんが、広告料等でまかなっているのでしょうが、そういった事を感じさせないフリーペーパーです。
どこで一番感じさせないのか?
ずばり【カラー写真】と【構図】だと思います。
写真の質も良ければ、その映り方もめちゃくちゃ良いのです。
さてさて、この『ゴールデン』に弊蔵の「黒豆焼酎 黒丹波」載ってしまったのですが(広告では無く、記事として)、さすが東京、反響がすごいんです。
わんさわんさと問合せがありました。
普段、目にすることの無い、又、関西圏では全く知名度の無い、フリーペーパーに記事が載っただけで、ここまで反響があるとは正直、驚きでした。
おそるべし、東京・・・
ちなみに、この「GOLDEN MIN.」は、東京メトロ(地下鉄)の主要な駅においてあります。
今、「地下鉄に乗って」という浅田次郎さん原作の映画が公開されており、旬っていえば、旬ですよね。
もしこのブログを読まれて東京に行かれた際には、是非手にとって見てください。
ちなみに、毎月25日発刊ですぐなくなるそうです・・・
(私の兄もいっつも取り逃がすそうです)
んで、載った記事ってのが↓です。
20061030150705154_0001.jpg

170250742_914471619367577_7622456534905102068_n

大盛況の「旬どき・うまいもの自慢会in丹波」

以前告知しましたように、9/23(土)は「旬どきうまいもの自慢会in丹波」を催しました。
普段のブログ上で展開する情報発信だけではなく、実際の現場にて「旬のうまいものと旬のお酒を愉しんでもらおう」という趣旨の元、記念すべき第一回目を福知山のサンプラザ万助にて行ったのです。
結果は、大盛況でした。
若干お値段は高めであったにも関わらず、当日は80名ものお客様がお越しになり、
「お酒も食事も旬のもので秋ならではの開催で良かったです」
とお褒めの言葉をたくさんいただきました。
今後もバーチャルのブログでの発信とリアルな現場での催しを絡めながら、その土地ならではの旬の日本酒と食材をご紹介していきたいと思います。
ご参加いただいた方、本当にありがとうございました。
********************************************
<当日の献立を以下でご紹介いたします>
20060925121941491_0001.jpg
2006_09210017.JPG
☆☆☆旬どき・うまいもの自慢会:日本の蔵元が推薦する地元の自慢の食☆☆☆

170250742_914471619367577_7622456534905102068_n

9/23に日本酒蔵元12社が全国同時開催!!

このブログで「旬どき・うまいもの自慢会/丹波」の発信して早3ヶ月目に入りました。
まだまだ有益なお話ができていないなぁ、と自戒の念があります。
ここでこのほど参加蔵元12社が、バーチャルでの情報発信だけでなく、実際の現場で【旬の食と酒】を愉しんでもらえる催しを設けることになりました。
その第1回目がこのほど秋分の日に行われます。
「日本の旬の食と酒を愛でる」をコンセプトとし、その情報発信の担い手を私たち蔵元が行っていこう、というのが「旬どき・うまいもの自慢会」の趣旨です。
それを実際の現場で行うことを、もっともっと広げていければと考えております。
今後は、日本の四季折々の旬を愉しんでもらえるべく、年4回(春分・夏至・秋分・冬至)催せれば最高の形になります。
又、参加蔵元も各都道府県に増やせればなぁとも考えております。
まずは第1回目です。
詳細は↓をご確認ください。
ダウンロードしたファイル
☆☆☆旬どき・うまいもの自慢会:日本の蔵元が推薦する地元の自慢の食☆☆☆

170250742_914471619367577_7622456534905102068_n

この夏だけの限定コラボ!!

総務部員Iです。久しぶりの<旬どき・うまいもの>です。
さてさてこの2週間の間に梅雨も明けて暑ーい暑い夏真っ盛りですね。丹波も日中はうだるような暑さです。ほんま。
さてさて今回のうまいもの自慢会ですが、今回は「スイーツ」をご紹介します。
あの『エス小山』さんと小鼓のコラボが実現いたしまして、『白桃とお米のデザート』のジュレが、この夏期間限定で誕生しました。
20060807105535562_0001.jpg
これ実は神戸ウォーカーの企画で、『エス小山』さんと異業種とのコラボで「斬新なスイーツ」を作ろう、という連載なのですが、そのコラボの相手として小鼓が選ばれたのです。
この『白桃とお米のデザート』ですが、よく酒蔵とスイーツでよくある「酒粕を使った??」ではなく、日本酒そのものを使っております。

「レモン、オレンジ、木の芽、炭酸で仕上げたカクテル風の日本酒ジュレ」です。

しかもこのジュレは、小鼓の枡に入れられているのです。なんとも純和風で涼しさを感じさせるんです。
それでどこで販売しているかと言いますと、『エス小山』さんの店頭のみです。知らない方の為にちょこっと紹介いたしますと、正式名称は『パティシエ エス コヤマ』と言いまして、兵庫県の三田市ゆりのき台という、神戸から車で30分はかかる所にあります。
連日すんごい人なんです。ホント今更紹介する必要もないくらい人気のお店です。
今回のジュレは8月末までの期間限定ですが、人気のロールケーキやら本当に美味しいスイーツがたくさんあります。
もしももしもまだ行った事が無いのであれば、是非行ってみてください。ぜーーったい損はしませんよ。
詳しくはこちらで。http://www.es-koyama.com/
ではでは暑い夏に美味しいものを食べて、そして小鼓を飲んで乗り切りましょう。
☆☆☆旬どき・うまいもの自慢会:日本の蔵元が推薦する地元の自慢の食☆☆☆

170250742_914471619367577_7622456534905102068_n

夏の試飲会2

最後の夏の百貨店での試飲会日程です。
8/8 ? 8/14 そごう神戸店
8/9 ? 8/15 須磨大丸店
特別モノもあります。
お盆等で帰省されている方や、お土産に是非お立ち寄り下さい。