カテゴリー別アーカイブ: 未分類

IMG_9835

西山酒造場のボランティア活動

こんにちは。
西山酒造場の土師です。

4月になりどんどん暖かい日が増えてきましたね。
今年は各地で桜の開花が早く、
丹波では満開から葉桜へ移り変わっています。

さて丹波にはたくさんの美しい桜並木があります。
今回はそんな美しい丹波の景色を守るために行っている
ボランティア活動のお話です。

私たちは月に2回、
「クリーン作戦」と称し、蔵の周辺のゴミ拾いを行っております。
ブログ「小鼓通信」を長年読んでくださっている方はご存知かと思います。

なぜこの活動を行うかというと、
先にお話した美しい丹波の景色を守るためでもありますが、
私たちの製品造りにも関わっています。

酒造りを行う中で、お米を洗ったり、蒸したり様々な場面で水を使用します。
また酒の80%は水でできていることをご存知でしょうか?
水は美味しいお酒を造るには欠かせない大切な存在です。

私たちはその全ての水を敷地内の井戸から使用しています。
この井戸水は蔵のすぐ近くを流れる竹田川の伏流水です。

DSC00233 (1)

井戸水は自分たちでは作ることができません。
自然からいただく大切な恵みです。
もし周辺にゴミが落ちていると山や川が汚れ、
井戸水に影響を及ぼす可能性があります。

この大切な自然、水を守るために、
「クリーン作戦」を15年以上続けております。

IMG_9835

私たちの活動は小さなことですが、
コツコツ続けていくことが大切だと思っています。
この活動を知って、
周囲や他の地域でも活動が広がればうれしいです。

20210114_クリーン作戦

3D11A40A-CF14-415A-9E44-4289F4599075 (1)

ダム貯蔵のお酒

こんにちは。
西山酒造場の野口です。

この度、丹波市春日町上三井庄にあります、
三宝(みたから)ダム管理トンネルに弊社を含む酒造3社が
日本酒や焼酎の蔵入れ(蔵や倉庫に納めること)を行いました。

3D11A40A-CF14-415A-9E44-4289F4599075 (1)

蔵入れの目的としては、竹田川の水源を使用する3蔵で、
その源流にあたる三宝ダムに貯蔵することで、お酒のみならず、
丹波地域のアピールにつなげることです。

 

蔵入れの様子がこちらです↓

21C5D5D6-1406-4F58-A55D-564AAABC90AF (1) CBFA2AF2-B913-4BEE-844F-8695F9BC5DAE (1)

普段フレッシュなお酒をお届けしている西山酒造場としては、
貯蔵したお酒をお届けすることも新しい取り組みであり、
これまでにないお酒を皆様にお届けすることができます。

弊蔵が蔵入れしたお酒は4種類です。
・丹波地域が栽培好適地の酒米「Hyogo Sake 85」を使用した日本酒
・ブランデー
・栗焼酎
・黒豆焼酎

ダム貯蔵酒は日本酒の日である10月1日にお披露目予定です。

お楽しみに!

 

また、 神戸新聞さまで蔵入れのことを取り上げていただきました。

20210327神戸新聞(27面)「酒造3社が蔵入れ」

ご掲載ありがとうございました。

 

株式会社西山酒造場 小鼓

小鼓食堂通信

お久しぶりです。小鼓食堂です。
桜が咲き始め、春も本番といったところでしょうか。
ぽかぽかと暖かくなってくると気持ちも明るくなってきますね。

今日の小鼓食堂はみんな大好きハンバーグです。
タネには塩麹を、ソースにはしょうゆ麹を使っています。
付け合わせの野菜サラダには塩麹と甘麹。スープには酒粕を少し。
発酵調味料をふんだんに使った定食となっています。

午後からもみんなが元気にお仕事できますように!

IMG_0177 (2)

※小鼓食堂は西山酒造場の社員食堂です 

仕事百貨に求人掲載しました!

こんにちは!お久しぶりです。
西山酒造場の成瀬です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。
最近私は「冴え返る」という言葉を知りました。
意味はいろいろあるようですが、
春が来て暖かくなったかと思ったら
また寒さがぶり返す意味もあるそうです。
このような現象を一言で表せるのはすごいですね。
お洒落な言葉だなと思い、
この言葉を使って挨拶をしたいと思います。

冴え返りつつ春が近づいてきましたね。
(合っていますでしょうか?)

4月が近づいてくると、
新しい年度が始まる期待感でワクワクしますね。
学校や会社で、新しい仲間が入り、
組織や人の雰囲気が少しずつ変化していく様を見るのが好きです。

この西山酒造場も、新しい仲間を募集をします。
新たな試みとして、『仕事百貨』にて記事が公開されます!

仕事百貨とは、、求人サイトなのですが、
仕事を探していなくても読みたくなる
求人サイトだなと個人的には思っています。

働く人たちの生き様や、トップが語る会社への想いなどが書かれており、
どういう経緯でその仕事をしているのか、何にやりがいを感じ、
楽しさを感じているのか…などが書かれていたりします。
働く人にスポットが当てられているので、
その人の人生に触れ、まるで本を読んでいる感覚になります。

150292708_2805526946368079_6593391726574596033_n

きちんと最後には募集要項など書かれているのですが、
8割会社のこと、働くひとのことについて書かれています。
実際に丹波まで来られて、蔵の雰囲気に触れて、
感じたことを文字にしてくださったのでとても素敵な内容になっています。

働いてみたいという方はもちろん、
西山酒造場のことをもっと知ってみたいという方にも
読んでいただけたら嬉しいです。

仕事百貨
https://shigoto100.com/2021/03/kotsuzumi.html

地元小学生の蔵見学

こんにちは。
西山酒造場の土師です。

先日、地元の小学校5年生の蔵見学を行いました。
この活動は総合学習の一環として【有機の里・市島】ならではの
「地米づくり」を体験してもらうための取り組みの一部です。
春の田植え(2020年は中止)、秋の稲刈り、
冬の蔵見学という連続した取り組みです。
この取り組み今年で17年目を迎えました。

当日は杜氏が、お米の話、甘酒の造り方、
お酒の造り方を説明しました。
仕込み水を飲んだり、飯米と酒米を見比べたり、
こうじ甘酒を試飲したりなど、
聞くだけでなく実際の体験もしてもらいました。

162173709_560838954891376_2392957128274003525_n

162576378_560839004891371_5590374070510290862_n

162538844_560839051558033_8302638534830021253_n

こうじ甘酒、実は飲みにくいと残す生徒もチラホラおりましたが、
お砂糖を入れずに甘いという話にはみんなびっくりしていました。
また「発酵」、「濾過」など酒造りに出てくる専門用語を
知ってる生徒がいたのも印象的でした。

体験後は、秋に稲刈りをした酒米「兵庫北錦」を使用したこうじ甘酒が入った
「甘酒ヨーグルト」をプレゼントしました。

162616720_560839088224696_7403527454916082198_n

生徒たちが大きくなった時に、
地元に小鼓があることを思い出してくれたら嬉しいです。
その時に「小鼓おいしい」と自慢してもらえるよう、
より良い製品づくりを続けて参ります!

当日の様子を丹波新聞さまで掲載いただきました。
ありがとうございました。
20210323095711-0001

◆2020年度直販の御礼◆

こんにちは。
西山酒造場の土師です。

先週末は「純米今朝思慕里直酒祭」を
無事開催することができました。
当日初日は、雨模様の一日でしたが、
多くのお客様の笑顔が私たちの活力となりました。
2日目は、初日とは一転し春の陽気漂う心地よい一日で、
愉しんでいただけたのではないかなと思います。

さて「純米今朝思慕里直酒祭」をもって
今季の全直売会が終了しました。

正直、今季は準備を始めたときは、
5回開催できるのかな、
開催しても当日お客様が来てくれるかな、
そしてコロナの関係で今まで通りにできないところもあり、
その部分も大丈夫かなと心配しておりました。

実際開催すると、
お陰様で年5回、全ての直売会に
多くのお客様にご来蔵いただきました。

会場で皆さまが愉しまれている光景を見たり、
直接お話できたりと
私たちスタッフも良き時間を過ごすことができました。

写真 2020-10-31 14 22 44 (1)

写真 2021-03-14 10 46 03 (1)

写真 2021-03-14 12 23 05 (1)

またコロナの関係で皆さまには
多くの部分でご理解ご協力いただきありがとうございました。

開催後、各SNSにてお客様の直売会についての投稿を
確認するのが毎回楽しみの一つとなっていました。

コロナ禍で大変な時期が続く中、
対面でもSNSでも
いつも以上に皆さまから小鼓愛を感じ、
私たちのパワーとなりました。

DSC_0203 (1)

DSC_0204 (1)

本当にありがとうございました。

来季の直売会は下記を予定しております。
今後の状況によっては、
やむを得ず中止・変更させて頂く場合もございますので
予めご了承ください。

初手思慕里酒祭:2021年10月30日(土)~31日(日)
干支ラベル直売会:2021年11月27日(土)~28日(日)
歳末報謝酒祭:2021年12月29日(火)~30日(水)
今朝思慕里酒祭:2022年2月5日(土)~6日(日)
純米今朝思慕里酒祭:2022年3月5日(土)~6日(日)

来季の直売会も皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

✿春のにごり酒 青陽✿

こんにちは。
西山酒造場の野口です。

丹波は朝夕と日中の気温差が大きいですが、
少しずつ春の気配を感じる毎日です。

今年の春も小鼓のにごり酒ができあがりました。

にごり純米大吟醸無濾過生原酒
小鼓 青陽(せいよう)

青陽1800

酒米は五百万石を使用。
すっきりとした味わいの中に、
オリの濃厚さが加わったにごり酒です。

にごり酒は、日本酒になる前段階の発酵中の液体である
「醪(もろみ)」を粗く搾ることでできあがります。

そのため、オリ(細かくなった米や酵母などの固形物)が含まれており、
飲み方にもバリエーションが生まれます。

飲み方その①オリと混ぜずに上澄みの部分だけを飲む

飲み方その②オリと上澄みを混ぜ合わせて飲む

飲み方その③底に残ったオリだけを飲む

それぞれの味わいの違いをぜひ愉しんでいただきたいです。

青陽 イメージ

また、合わせる食材のおすすめは…
桜餅です!

青陽の味わいの中にほどよい苦みがあるので、
桜の香りと餡子の甘さが青陽の苦みとマッチして
口の中で春を満喫しているかのような気分になります。

160995168_892974431551444_3160165801197551250_n

夜桜&桜餅&青陽で
春の夜のお家時間のひとときに彩りを添えてみてはいかがでしょうか?

 

オンラインストアはコチラ
▶青陽(せいよう)

 

株式会社西山酒造場 小鼓